Advertisement

[Advanced Level] Listening & Reading Comprehension – Exercise 07

プーチン:邪魔者は殺す!ウラジーミルのデスノート

超大国ロシア復権を目指すプーチン大統領は、政権に批判的な者を露骨に排除してきた。ロシア・旧ソ連圏の安全保障に詳しい軍事アナリストの小泉氏は、「ロシアの恐怖政治は今後も続く」と見ている。

 

2015年2月27日、ある男がモスクワ中心部の橋で4発の銃弾を浴びて死亡した。男はロシアの野党指導者ネムツォフ。反プーチンを掲げて大規模デモを開催する2日前の暗殺だった。後に当局は5人を逮捕したが「黒幕」不明のままだ。

プーチンという男を批判する者の不可解な死は今に始まったことではない。

 

有名な例が、プーチン政権誕生の鍵を握る事件を追及していたジャーナリストのポリソコフスカヤだ。

1991年、ロシア3都市のアパートが連続爆破され、約300人が死亡した。当時、ロシア首相のプーチンはチェチェン独立派武装勢力のテロと断定して報復攻撃を開始した。決断は国民に広く支持され、大統領に上り詰める基盤となった。

 

だが、後に同型の爆弾を仕掛けた不審者がロシアの諜報機関と関係していた事実が発覚。ポリソコフスカヤは、アパート爆破はチェチェン侵攻の口実が欲しいプーチンの「自作自演」ではないかと追及した。

そして彼女は標的となる。2004年のチェチェン武装勢力による中学校占拠事件を取材する際、現場に向かう機内で提供された一杯の紅茶を飲んで意識を失った。彼女は紅茶に毒を盛られたとして、「ロシア当局による毒殺未遂」だと主張した。

 

奇跡的に一命を取り止めたが、2006年10月7日、モスクワ市内にある自宅アパートのエレベーター内で射殺された。全容は不明だが、この日はプーチン54歳の誕生日であり、暗殺は「最大の贈り物」とされた。

3週間後、彼女と同様にロシア政府の関与を追及していた元KGB(ソ連国家保安委員会)のリトビネンコが亡命先のロンドンで体調不良を訴える。髪の毛が抜け、嘔吐を繰り返した彼は、やつれ果てた姿で死亡した。

 

死体からはロシアで独占的に製造される放射性物質のポロニウム210が検出された。後に英国の調査委員会は、暗殺にロシア政府が関与しており、少なくともプーチンの承認を得ていたと結論づけた。

KGBには「チェキスト(情報機関員)は死ぬまでチェキストだ」との鉄則がある。KGB出身のプーチンにとって、西側に魂を売ったリトビネンコは、「許されざる裏切り者」だった。

 

200以上の民族と雑多な人種、宗教が混在する広大なロシアを一つにまとめるのは容易でない。

それゆえ求められるのは、「国家秩序」を最優先する強いリーダーである。国の分裂を怖れるプーチンにとって重要なのは、「体制」の維持であり、歯向かう邪魔者は力ずくで排除する。

政敵相手にそれを示したが、90年代後半のソ連崩壊の混沌に乗じて様々な利権をせしめ、一躍勝ち組となった「オリバルヒ(新興資本家)」との暗闘だった。

 

2000年の大統領就任後、プーチンは石油大手のユコス社に標的を定め、脱税容疑で徹底的に追及。同様の企業はあったが、公然と政権を批判し、敵対する旧エリツイン勢力とつながる同社社長の石油王・ホドルコフスキーだけは許さなかった。


Advertisement

当局は次第に攻勢を強め、2003年にホドルコフスキーを逮捕。禁錮8年の実刑判決でシベリアの刑務所に送った。「政権に従順な者だけが生き残る」とのメッセージに産業界は「そこまでやるか」と震え上がった。

 

その後も旧KGB人脈を駆使して強権を発動するプーチンだが、政権の支持率は依然高い。大国意識の強いロシア人にとって、クリミアシリアで強さを誇示するプーチンは、愛国心を満足させる英雄である。

国民の支持を背景に、プーチンは2018年の大統領選挙を介して、2024年までの超・長期政権を目論む。「反逆者には制裁を」の恐怖政治は今後も続くだろう。

 

死の間際、プーチンに毒を盛られたことを確信したリトビネンコは、以下の声明文を口述筆記している。

「あなたは一人の人間の口を封じることができたかもしれないが、プーチン氏よ、世界中から沸き起こる抗議の声は、一生あなたの耳元で唸り続けるだろう」

悲痛な訴えはプーチンには届かなかったようだ。

 

SOURCE: SAPIO (サピオ)

NEW WORDS:

邪魔者 (jamamono): obstacle, hindrance

復権 (fukken): reinstatement, rehabilitation

露骨 (rokotsu): open, unconcealed

排除 (haijo): removal, elimination

銃弾 (juudan): bullet (from a rifle)

開催 (kaisai): holding, hosting

暗殺 (ansatsu): assassination

黒幕 (kuromaku): wire puller, mastermind

不明 (fumei): unclear, uncertain

不可解 (fukakai): mysterious, incomprehensible

追及 (tsuikyuu): investigation, pressing

爆破 (bakuha): blowing up, explosion

報復 (houfuku): retaliation, revenge

決断 (ketsudan): decision, determination

支持 (shiji): support, backing

上り詰める (noboritsumeru): to climb to the top

基盤 (kiban): base, footing

不審者 (fushinsha): suspicious person

諜報 (chouhou): secret information, intelligence

発覚 (hakkaku): detection, discovery

自作自演 (jisakujien): performing a part in one’s own play

標的 (hyouteki): target

占拠 (senkyo): occupation

取材 (shuzai): collecting data (for an article)

毒殺 (dokusatsu): poisoning, kill by poison

未遂 (misui): attempt (at crime)

射殺 (shasatsu): shooting to death

全容 (zen’you): full story, whole aspect

亡命 (boumei): flight from one’s country, seeking asylum

嘔吐 (outo): vomiting

独占 (dokusen): monopoly, monopolization

放射 (housha): radiation, emission

鉄則 (tessoku): inviolable rule

裏切り者 (uragirimono): betrayer, traitor

民族 (minzoku): people, race, ethnic group

雑多 (zatta): miscellaneous, mixed

混在 (konzai): existing alongside (each other)

秩序 (chitsujo): order, discipline

分裂 (bunretsu): split, division

歯向かう (hamukau): to oppose, to defy

混沌 (konton): confusion, chaos

乗じる (joujite): to take advantage of

利権 (riken): interest, rights

勝ち組 (kachigumi): winners

暗闘 (antou): secret feud

脱税 (datsuzei): tax evasion

攻勢 (kousei): offensive, aggression

禁錮 (kinko): imprisonment, confinement

実刑 (jikkei): jail sentence

判決 (hanketsu): judical decision

刑務所 (keimusho): prison, penitentiary

従順 (juujun): obedient, submissive

生き残る (ikinokoru): to survive

人脈 (jinmyaku): personel connections

駆使 (kushi): free use

強権 (kyouken): strong power of the state, iron fist

発動 (hatsudou): putting into operation

依然 (izen): still, as it has been

誇示 (koji): ostentation, display

愛国心 (aikokushin): patriotism

英雄 (eiyuu): hero, great person

背景 (haikei): backing, support

目論む (mokuromu): to plan, to scheme

制裁 (seisai): sanctions, punishment

間際 (magiwa): the point just before

口述筆記 (koujutsuhikki): taking dictation, note-taking

声明文 (seimeibun): statement, proclamation

悲痛 (hitsuu): grief, sorrow

訴え (uttae): complaint, lawsuit


Advertisement


If you find any error in this post please don't hesitate to contact me.

Must-read: Guide to self-studying Japanese effectively

[Advanced Level] Listening & Reading Comprehension – Exercise 08
[Advanced Level] Listening & Reading Comprehension – Exercise 06
Share
Pin
Tweet
Share
0 Shares