Advertisement

[Advanced Level] Listening & Reading Comprehension – Exercise 02

「おまえにチームのトップは無理だ」自信が崩壊した瞬間

猛烈に厳しい上司に社会人としての基礎をたたき込まれ、自身もスキルアップのために仕事をこなし、転職もした清明さん。自信がついて頑張れば何でもできると思えるようになったとき、ショッキングな出来事が立て続けに起きる。そのたびに悩んでは見つけてきた、困難を乗り切る方法とは?

 

「お前、優秀かもしれないけれど、チームのトップには立てないよ」

衝撃的な一言だった。

当時、頑張れば何でもできると思っていたこともあり、その言葉に「ものすごく落ち込みました」と語る。その後、追い打ちをかけるようにリーマンショックの嵐にも見舞われる。ファンドも急きょ閉めることになり、いや応なく外の世界に飛び出さなければならない苦しい状況に追い込まれた。

 

しかし、転職活動は順調ではなかった。MBAホルダーでもなく、英語力もなく、女性である自分は「レジュメで(他の人に)見劣りする」と感じていたからだ。正直なところ、妥協して決めた転職先が現在の会社につながるマネックス・ハンブレクト(2017年にマネックス証券と合併)という会社だった。当時4、5人しかいない、立ち上げて間もない企業だったが、例の衝撃の一言がトラウマとなり、小さくてもいいからチームで一緒に何かをなしとげることを学ぼうと考えた。

 

「身に染みたことは、一人一人がいくら優秀でも、チームがなければ会社は存続しない、ということ。いざ(前職の)ファンドがなくなってしまうというときも、自分一人じゃダメなんだと痛感しましたから。

今思うと、清明さんが仕事の基礎をたたき込まれたと実感しているのは、それよりずいぶん前。大学卒業後、最初に勤務した銀行で出会った非常に厳しく怖い上司だった。

「おまえ、普通でいいの?それともプロになりたいの?」

 

入行2年目。異動した課でいきなり上司からこう質問された。

「とても怖くて、普通でいいですとは言えない空気だったので、できることならプロに…と答えるしかありませんでした」

早朝から深夜まで、土日もなくがむしゃらに働いた。いわゆる体育会系の昔かたぎの上司で、容赦ない。書類を作成して提出しても、すべて真っ赤になって戻ってきたり、怒るとモノが飛んできたりすることさえあった。

 

今にして思えば教育的指導で、深い愛情があったからこそだとわかる。そのおかげで自分の基礎ができたのだと感謝している清明さんだが、当時はプレッシャーが強く、思春期の頃にもできなかったニキビができるほどだった。だが、負けず嫌いな性格だったからか、辞めていく同僚がいる中で、辞めたいと思うことはなかった。そのうちに、少しずつ仕事のコツを見出していく。

 

「あるとき、先輩に飲みに連れていってもらったんですよ。お酒を飲みながら話をすると打ち解けていき、飲んだ翌日、不思議と一緒に飲んだ先輩が仕事を助けてくれるようになったんです。いわゆる飲みニケーションですね。これがけっこう重要だということに気がつき、一生懸命やった後、誰かに助けてといえば、必ず助けてくれる人がいるんだということを知って、とても楽になりました」


Advertisement

 

厳しかった上司にも、書類を戻せないくらい仕事を積み上げてやろうと思い、どんどん仕事をして上司の机に積み上げたところ、書類の返却率が下がっていった。営業の数字も上がって、希望の部署に異動することもできた。

マネックス・ハンブレクトへの転職から2年後、突然社長就任を言い渡されるという青天のへきれきが清明さんに訪れる。周囲からは順風満帆に見えたかもしれないが、いきなり社長と言われても「社長業とは何か」がわからず戸惑った。インターネットで「社長とは」と検索しても答えは出てこない。友人に相談しても、何も解決しなかった。

 

悩んだあげく、悩んでいてもしかたがないのだと思い至り、始めたのが数々の趣味だ。お酒が好きだったのでワインエキスパートの資格を取り、ジョギングを始めて本格的な登山にも挑戦。百名山の登頂を目指している。

仕事で行き詰まっているとき、そこにどっぶり清かっていても漬かっていても答えは見出せないが、視点を変え、仕事とまったく関係のない人々と出会ったり、大自然と触れ合うことによって、頭がスッキリするようになった。

 

「山って登っていたら絶対に頂上に着くんですよ。しんどいのですが、一歩ずつ歩いていたら必ず着く。私が心がけていることは、決して諦めないことと、いつも笑顔でいることの二つなのですが、山も同じ。下りるときには頭が整理できて、あのときこう考えればよかったのかな、というふうに思えたりする。だから、趣味の世界もやめられないんだと思います」

 

SOURCE: PRESIDENT WOMAN (プレジデントウーマン)

NEW WORDS:

崩壊 (houkai): collapse, crumbling

猛烈 (mouretsu): fierce, intense

上司 (joushi): superior, boss

基礎 (kiso): foundation, basis

叩き込む (tatakikomu): to drum into someone an idea

転職 (tenshoku): change of occupation

衝撃的 (shougekuteki): devastating, shocking

落ち込む (ochikomu): to feel sad, to feel depressed

追い打ち (oiuchi): attacking a fleeing enemy

リーマンショック: economic downturn precipitated by the Lehman Brothers bankruptcy in 2008​

見舞われる (mimawareru): to experience, to suffer

急きょ (kyuukyo): hurriedly, in a hurry

順調 (junchou): favorable, all right

見劣り (miotori): unfavorable comparison

妥協 (dakyou): compromise, giving in

証券 (shouken): bond, bill

合併 (gappei): merger, combination

トラウマ: trauma

染みる (shimeru): to pierce, to penetrate

存続 (sonzoku): duration, continuance

前職 (zenshoku): previous job

ファンド: fund

痛感 (tsuukan): feeling keenly, fully realizing

勤務 (kinmu): service, work

異動 (idou): change, transfer

早朝 (souchou): early morning

深夜 (shin’ya): late at night

我武者羅 (gamushara): reckless, daredevil

容赦 (yousha): forgiveness, tolerance

作成 (sakusei): drawing up, preparing

提出 (teishutsu): presentation, submission

思春期 (shishunki): puberty

ニキビ: pimple, acne

同僚 (douryou): co-worker, colleague

打ち解ける (uchitokeru): to open one’s heart

飲みニケーション (nominokeeshon): communicating while drinking

翌日 (yokujitsu): next day

返却 (henkyaku): return of something

部署 (busho): one’s post, one’s station

青天の霹靂 (seiten no hekireki): a bolt out of the blue

順風満帆 (junpuumanpan): smooth sailing

戸惑う (tomadou): to be bewildered, to be perplexed

検索 (kensaku): looking up, searching for

本格的 (honkakuteki): genuine, real

挑戦 (chousen): challenge, dare

百名山 (hyakumeizan): one hundred top mountains of Japan

行き詰まる (ikitsumaru): to reach the limits

浸かる (tsukaru): to be submerged, to be soaked

視点 (shiten): opinion, point of view

しんどい (shindoi): tiresome, worrisome


Advertisement


If you find any error in this post please don't hesitate to contact me.

Must-read: Guide to self-studying Japanese effectively

[Advanced Level] Listening & Reading Comprehension – Exercise 03
[Advanced Level] Listening & Reading Comprehension - Exercise 01
Share
Pin
Tweet
Share
0 Shares