Advertisement

Japanese Language Proficiency Test JLPT N4 – Reading Exercise 05

Reading passage 1

スミスさんとキムさんが、スポーツ教室の前で話しています。
スミス「あ、キムサン。どの教室に入るかもうきめましたか。」
キム「いいえ、まだ [
1 ] 。すいえい教室はむずかしいでしょうか。」
スミス「すいえいはたいへんですよ。はじめてならテニスのほうがいいかもしれません。私は去年仕事が終ってからテニス教室に通っていました。」
キム「テニスは少しやったことがあります。去年のテスト教室では  [ 2 ] 。」
スミス「正しいうちかたを習ったり、4にんで試合をしたりしました。楽しかったですよ。」
キム「テニスがうまくなりそうですね。」
スミス「ええ。でも、始まる時間に [ 3 ] 、ねんしゅうのやりかたがわからなくてこまりますよ。」
キム「だいじょうぶです。私の仕事はいつも5時に終わりますから。」
スミス「 [ 4 ] 。じゃあ、時間に間に合いますね。

1. [ 1 ] には何を入れますか。
きめなかったんです
きめないんです
きめていないんです
きめないと思うんです

2. [ 2 ] には何を入れますか。
何をしたことがありますか
どんなことをするでしょう
どんなことをしましたか
何をすると思いますか

3. [ 3 ] には何を入れますか。
おくれても
おくれないで
おくれるように
おくれると

4. [ 4 ] には何を入れますか。
それはいいですね
あれがいいですね
それはたいへんですね
あれがたいへんですね

Reading passage 2


Advertisement

私の町は、秋のおまつりで有名だ。このおまつりは、こめや野菜がたくさんできたことをよろこぶもので、毎年10月に行われる。
 
この日、町の男の人は水をあびて白い服を着る。そして、山の上の神社まで走る。いちばん先に神社についた人がいちばん強い男の人だ。いちばんになろうとして、みんな一生懸命走る。さいがのひとがじんじゃに着いてから、みんなでお酒を飲んで、特別な野菜料理を食べる。みんなたくさん食べるから、女の人は前の日の夜からねないで野菜料理を作る。
 おまつりの日には町じゅうの子どもたちがじんじゃに集まって、大人と、いっしょに楽しむ。歌やおどりが上手な子どもが、みんなの前で歌ったりおどったりする。この子どもたちは2か月前にえらばれて、毎日れんしゅうするので、歌もおどりもとてもりっぱだ。

5. おまつりのひに男の人は何をしますか。
神社までできるだけはやく走る。
白い服を着てから水をあびる。
走る前にみんなで飲んだり食べたりする。
ねないで野菜料理をたくさん作る。

6. おまつりのひに子どもは何をしますか。
じんじゃに集った子どもが大人といっしょにおどる。
歌やおどりが上手な子どもがえらばれる。
町じゅうの子どもが歌やおどりをれんしゅうする。
えらばれた子どもが歌ったりおどったりする。

7. この町では秋にどんなおまつりをしますか。
この町の女の子を強くするおまつり。
こめや野菜ができたことをよろこぶおつまり。
子どもの歌やおどりを上手にするためのおまつり。
みんなで特別な野菜料理を食べるためのおまつり。



Advertisement


If you find any error in this post please don't hesitate to contact me.

Japanese Language Proficiency Test JLPT N4 – Reading Exercise 06
Japanese Language Proficiency Test JLPT N4 – Reading Exercise 04