Advertisement

Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 05

つぎの文章を読んで、質問に答えなさい。答えは、1・2・3・4から最もよいものを一つえらびなさい。

Reading passage 1

あなたの目はいくつありますか。
 もちろん「二つ」と答える人がほとんどでしょう。
 たしかにそのとおりですが、[1]それだけではいけないのです。失敗を避けて成功につなげるためには、三つの目を持ちましょう。
 まずは一番目の「鳥の目」です。勉強でも仕事でも、いきなり細かいところから着手(ちゃくしゅ)するのは、かしこい方法ではありません。自分の現在地が把握できないのでは、頭の整理がしにくくなり、大きなストレスの原因になります。
 だからこそ鳥の目です。鳥になり、高い位置から下の様子を把握(はあく)することから始めるのです。本であれば[2]を見ます。建築であれば設計書(せっけいしょ)を見ます。仕事であれば目的や段階などを知ります。難しく思えることも、大体の構成(こうせい)が分かると、取り組みやすく(注1)なります。
 次に「虫の目」で見ます。虫は、小さい生き物です。地に面した低い位置にいるからこそ、上からは見えなかったことが見えてくるようになります。ターゲット(注2)を絞れば、虫のように狭く深くを心がけ、徹底(てってい)するのです。
 最後に「魚の目」です。魚は、目には見えない川の流れを体全体で感じ取っています。あなたは魚の目を持ち、どの方向へ流れていくのかを読み取ります。勉強にも仕事にも流れがあります。歴史の勉強も流れを理解すれば、覚えやすく忘れにくくなります。仕事でも流れを理解すれば、取り組みやすく忘れにくくなります。
勉強でも仕事でも使える三つの目を持ちましょう。

(注1)取り組む:全力でする
(注2)ターゲット:目標

1. [1]それとはどのようなことか。
人間は二つの目があること
実際に三つの目があること
多くが二つの目があると答えること
失敗を避けて、成功につなげること

2. [2]に入る適当な言葉はどれか。
目次
本文
解答
索引


Advertisement

3. 「鳥の目」、「虫の目」、「魚の目」はそれぞれ何を指しているか。
全体の把握、流れの把握、部分の把握
部分の把握、流れの把握、全体の把握
全体の把握、部分の把握、流れの把握
流れの把握、全体の把握、部分の把握

4. この文章を書いた人が一番伝えたいことは何か。
もともと人間は二つの目があると思っている人が少なくない。
失敗を避けるために三つの目が必要だと思っている人が少ない。
勉強や仕事がうまく行くように、三つの目を持ったほうがいい。
人間の目は動物の目とのあいだに、三つの共通点がある。

Reading passage 2

 騙される経験は学校では教えてくれない。だから私たちは、人生のどこかで必ず一度は騙される。学校で教えてくれないので、免疫力(めんえきりょく)がないのだ。場合によっては、大きな痛手を負う(注1)こともある。ないほうがいい騙される経験だが、誰もが一度は通る関門(注2)だ。そういうときには、損をした経験をいい勉強ができたと言い換えましょう。数少ない(注3)経験だからこそ、しっかり教訓(きょうくん)を得てください。騙された金額は、授業料だと考えればいいのだ。そういうふうに受け入れたとき、人生では本当の損はなくなる。

(注1)痛手(いたで)を負う:大きい被害や損害を受ける
(注2)関門(かんもん):通りにくいところ
(注3)数少ない(かずすくない):少数である

5. そういうふうに受け入れたとあるが、どのように受け入れたか。
誰もが一度は騙されると考えて受け入れた。
騙された経験をいい勉強だと考えて受け入れた。
騙された経験を大きな損失だと考えて受け入れた。
騙されることはお金を取られることだと考えて受け入れた。



Advertisement


If you find any error in this post please don't hesitate to contact me.

JapanesePod101.com - The Fastest Way to Learn Japanese Guaranteed

Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 06
Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 04