Advertisement

Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 08

Reading Passage 1

ジョギングは、走ることを楽しむスポーツです。せっかくジョギングを始めても、2日か3日でやめてしまう人がいます。そういう人は、走る楽しみを見つけられないまま、走ることは苦しいものだと思ってしまうのです。

走る楽しみは、目標を少しずつ高くていくことで生まれます。例えば「2キロを15以内で走る」という目標を決め、それに向けて計画を立てる。目標のとおり走られたら、次の目標を決める。この繰り返しが走る楽しみを生むのです。

それには、計画をしっかり立てることが大切です。これからジョギングを始めようと思っている人は、次のようにするといいでしょう。まず、最初の一ヶ月は、とにかく2キロを、1キロ10分程度の速さで走ることから始めます。これは、走るより歩くのに近い速さです。これから、初めて走る人にも難しくありません。疲れたら、歩いてもいいのです。次第に、1キロを8分、7分とスピードを上げていきます。1キロ7分の速さで走ると「歩き」よりも「走り」ひ近くなります。

次の一ヶ月はかかる時間を気にしないで2キロを走り、次の一ヶ月は3キロを走るというように、少しずつ距離を延ばしていきます。個人差がありますので、走る距離もスピードも、自分の力に合わせて無理のない計画を立ててください。1キロ5分の速さで走り続けられたら、マラソンの大会に出る力があると言っていいでしょう。

このように、目標を決め、計画を立てて走ることで、ジョギングを楽しむことができるのです。

1. 「そういう人」とあるが、何を指しているか。

ジョギングを始めたばかりの人
ジョギングを始めてすぐやめる人
ジョギングを苦しいと思っている人
ジョギングを楽しむことのできる人

2. 「次の目標」とあるが、どんな目標か。
一生懸命速いスピードで走るという目標
一生懸命長い距離を走るという目標
今までより少し高い目標
今までよりかなり高い目標


Advertisement

3. 「これからジョギングを始めようと思っている人」に合っているのはどのような計画だと言っているか。
まず1キロを7分で走り、次第に速度を上げ、1キロを5分で走れるようにする。
まず2キロを10分で走り、次第に距離を延ばし、マラソンの距離が走れるようにする。
まず時間を気にせず1キロを走り、次第に距離を延ばし、3キロを走れるようにする。
まず歩くような速さで2キロを走り、次第に速度を上げ、少しずつ距離を延ばす。

4. この文章全体のテーマは、何か。
ジョギングのルール
ジョギングの楽しみ方
走ることの大切さ
走ることの難しさ

Reading Passage 2

タイム・ネットワーク会社
人事ご担当様

いつもお世話になっております。

このたび、求人情報サイト「求職ならこちらへ」にて貴社の募集広告を拝見し、「ウェブログ設計と維持」にたいへん興味を持ちましたので、応募させていただきます。
貴社のご要請に応じて、こちらの履歴書を添付いたしましたので、ご検討のうえ、面接の機会をいただければと心より願っております。

なお、履歴書に現住所の電話が書いてありますけれども、現在在学中で、平日は大学に通っていますので、ご連絡をいただく際は携帯電話にお願いできますでしょうか。どうぞよろしくお願いします。

敬具
東京国際大学
鈴木美和子

5. このメールを出した目的は何か。
面接の場所と日時を知りたい。
ウェブログの研究をしたい。
携帯電話の番号を教えたい。
タイム・ネットワークに入社したい。




Advertisement


If you find any error in this post please don't hesitate to contact me.

JapanesePod101.com - The Fastest Way to Learn Japanese Guaranteed

Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 09
Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 07