Advertisement

Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 07

Reading Passage 1

スポーツクラブは運動するために行くところだ。しかし、私の母にとっては、それ以上の場所であった。

85歳になる母は、今、スポーツクラブに通っている。実は、母は半年前に転んで腕を骨折し、それ以来すっかり元気をなくしてしまっていた。食欲が落ち、体重も減った。骨折は3週間で治ったが、腕を動かす訓練のための病院へはあまり行きたがらなかった。

ところが、そんな母がある日、友達に誘われて近くのスポーツクラブに通い始めた。すると、たった一ヶ月で全く違う人のように元気になったのだ。病院でもスポーツクラブでも、無理をせずにできるトレーニングを一人一人に考えてくれる。しかし、元気な若い人たちと同じ場所で運動したり、同じくらいの年の仲間と一緒に頑張ったりすることは、スポーツクラブだからできたのである。そして、それが母の生きる力を引き出してくれたのだろう。

スポーツクラブは運動するだけの場所ではない。それ以上の価値があるのだ。私は、今、母の通うスポーツクラブに心から感謝している。

1. 母は元気をなくした原因は何か。

食欲が落ちたから
体重が減ったから
腕を骨折したから
けがが治らないから

2. 母が病院ではなく、スポーツクラブで元気になれたのはなぜか。
無理をせずにできるトレーニングを自分用に作ってもらったから
若い人たちがいるところで運動したり、仲間と頑張ったりできたから
たった一ヶ月で効果が出るようなトレーニングを考えてもらったから
元気な人と仲間になったり、若い人たちと同じ運動をしたりしたから

3. この文章を書いた人は、スポーツクラブにはどんな特別な価値があると考えているか。
自分は生きる価値のある人間だと気づかせてくれる。
運動不足にならないようにしてくれる。
けがを早く治す方法を考えてくれる。
生きる力を引き出してくれる。


Advertisement

Reading Passage 2

東京に就職活動で行った時、電車で移動中に人身事故に遭遇した。電車は送れ、会社説明会の開始も遅れた。飛び込み自殺だったらしく、周りの人に話すと、「迷惑」「自分の家で死んでほしい」という声が聞かれた。

私は今、就職活動の真っ只中で、その厳しさを実感しているが、自殺した人もつらい事情があったのだろう。人が亡くなったことよりも、電車が遅れたことが問題視されるのは悲しい。自分のことだけでなく、他人のことを考えられる社会になってほしいと思う。

4. この人は本当に悲しまなければならないのは何だと言っているか。
説明会ができなくなったこと。
電車が遅れたこと。
自殺者がいること。
他人のことを考えること。

Reading Passage 3

ある政治家のスピーチを聞いて感動した一人の学生、「スピーチの準備にはどれぐらい時間がかかるのですか。」と質問した。政治家は「それはスピーチの長さによります」と答えた。学生が「今日は長いスピーチでしたから、きっと長く準備をされたんでしょうね。」というと、政治家は「そういうことではありません。いくら話してもいいのなら、今すぐできますが、5分のスピーチを頼まれたら、準備に2週間はかかるでしょう。」と答えたそうだ。

5. この政治家が言いたいことはどれか。
短いスピーチのほうが、長いものより準備に時間がかかる。
短いスピーチなら、準備をしなくてもすぐにできる。
スピーチが長ければ長いほど、準備に長い時間がかかる。
スピーチの準備時間が長ければ長いほど、人を感動させられる。




Advertisement


If you find any error in this post please don't hesitate to contact me.
Some IP addresses were mistakenly banned from this site due to security reasons. Everything's back to normal and the IP addresses that were banned by mistake have been unbanned now. I'm really sorry for any inconvenience this might have caused.

Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 08
Japanese Language Proficiency Test JLPT N3 – Reading Exercise 06